くまもと発 しろごまちゃんのMacrobiotic

~ げんまいはげんきのもと おやさいはやさしさのもと ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グレートオーシャンロード

では、メルボルン旅行の続き

旅行前のネイルは喉のチャクラの水色にして頂きました
ない英語力を発揮しないといけないので
コミュニケーション力アップしようと思いましてね

こんな感じに・・・ お上品でしょ、おほほ
1

出発前日にヨガのお客様にとっても美しいバラを頂きました
明日からいなくなるのがもったいないなぁと思いましたが
しろごま母とモモちゃんの寂しさを紛らわしてくれたことでしょう
16

メルボルンで滞在したホテルの近くの壁です、可愛い~
17

メルボルンの信号機、いかり肩で怖いです
しかも青になると「はよ渡れ~」って感じでカチカチ音がなって
あまり心地良いものではありませんでした
18

メルボルンには夜の1時半くらいに到着
チェックインしたのが2時半くらいで
色々やって寝たのが4時で、起きたのが6時

初日は2時間睡眠で朝7時半出発グレートオーシャンロードへ

「グレートオーシャンロードへ行く時は左側の席がおすすめ」と
ガイドブックなどに書いてあったので
「よ~し左ね、左」と思ってマイクロバスに乗りこんだら
しろごまちゃんのピックアップが一番最後だったらしく
左側の一列一人席の一番後ろだけしか空いてなかったので
自動的に左に、へへへ、ラッキー

25人くらい乗ってたでしょうか、日本人はしろごまちゃんだけ

グレートオーシャンロードとはねぇ
  オーストラリア南東、ビクトリア州沿岸に走る道路(ジーロング 〜ウォーナンブール間)
  建設は第一次・第二次世界大戦間の大恐慌の時期に帰還兵の仕事に政府が計画
  全てつるはし、シャベル、ダイナマイトを使って人力で16年かかって完成
  バス海峡とインド洋の最高に美しい景色が楽しめる
  十二使徒、ロンドン・アーチ を含む素晴らしい自然岩の景観が楽しめる
というところなのです

よく車の宣伝でも使われる場所です
左側に座っているしろごまちゃんはこんな景色を見ることができました

9

途中休憩で車を降りるとオウムがいっぱい
慣れていて頭に乗ってきたりします
19

カラフルな子達も
12

途中で温帯雨林を探検したりしました
14

そして野生のコアラもいました、この子は寝てました
15

別の子はお食事中
13

ユーカリの木って大きいので、実際はすっごく高いところにいるんです
コアラ~?どこどこ~?って感じ
上の写真はスマホで撮ったのを相当拡大しております

コアラちゃんってたいてい一人で寝てるか食べてるからしいです
一人で寂しくないのかなぁと
一人旅で寂しさいっぱいのしろごまちゃんから心配されるコアラちゃん達でした

次々と絶景のポイントを訪れました
雄大な自然を前に心が洗われます
7

6

「紅の豚」を見た人はわかるかも、ここがモデルになってるシーンがありますよね
5

4

3

という感じでグレートオーシャンロードのツアーはおしまい
メルボルン市内に着いたのは夜の10時前でした

しろごまちゃんの横の席は
リタイアして国内旅行を楽しんでいるオーストラリア人夫婦で
とっても優しくしてもらいました

どうやらクロックスの赤い長靴のせいで子供と思われてたようです
年齢や職業は向こうからは聞いてこないものなので
しろごまちゃんも♪子供だよ~ん♪って顔して、可愛がってもらいました

最後にバスを降りる時も手を握って
無事に旅行を楽しんでねって言ってくれて、笑顔でバイバイ
それだけでオーストラリア好きと思ってしまう単純なしろごまちゃん

行きの飛行機のお隣はオーストラリア人のおじさまだったのですが
その方は41日間かけて四国八十八ヶ所を巡っていたそう
しろごまちゃんちは熊本だよって言ったら
大きな火山があるところだねって・・・かなりの日本通のようでした

今、外国人の間でお遍路さんが流行ってるらしいです
日本人はバスやタクシーに乗ったりするけど
海外の方はちゃんと歩かれるのだそうです

そのおじさまにメルボルンのことを色々教えてもらい
しろごまちゃんの旅はスタートしたのでした

ではメルボルン日記、また次回をお楽しみに~
スポンサーサイト
[ 2014/12/05 18:53 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。