くまもと発 しろごまちゃんのMacrobiotic

~ げんまいはげんきのもと おやさいはやさしさのもと ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大切な豆、大豆

マクロビオティックやベジの食事に移行する時に陥りがちなこと・・・

動物性タンパク質を少なくしちゃって
タンパク質が不足しているのではと思い
大豆食品をはじめ豆類などを食べ過ぎてしまうこと

そもそもそんなにタンパク質は要らない

一日に体重の1000分の1までしかアミノ酸に分解できないと言われている
50キロの人は50gってこと、女性はもっと少なくていい

日本は未だにドイツ生まれのフォイトの栄養学を引きずってますが
この栄養学を盲目的に取り入れるまでの日本人はどうだったかというと
低脂肪・低タンパク・高糖質で素晴らしい体力を持っていました

でもそのスットコドッコイな栄養学のせいで
高脂肪・高タンパク・低糖質、つまりまるで逆の食事に変わっていったことが
大きな誤り・・・後に癌などの現代病が急速に増えていきます

糖質は果物やスイーツのことではありませんよ、穀物からのもの!
グルコースとフルクトースはまるで別物です

タイトル、大豆だった!大豆に戻ります

大豆はとっても消化が悪い子ちゃんです

大豆は油が絞れるほど脂肪分が多い
世界で最も使われているのは大豆油だよ~

大豆を油にしかできなかったアメリカ人や中国人と違い
かしこい日本人は数多くの大豆食品を食文化にうまくとりいれてきました

なかでも大豆を発酵させたもの、味噌、醤油、納豆など
これらは本当に素晴らしい

発酵することで増えたビタミンB群が消化を助けてくれるし
私達の体にとって有効な菌ちゃん達もたくさん

日本の伝統食ってホントに知恵のかたまりなのです!

牛乳から豆乳に移行する人もいますが
全くもっておすすめできないことです

マクロビオティックではスイーツやお料理でたまに使うことはあっても
飲むなんてことはいたしません

それにたいていは塩ひとつまみを入れて火にかけることが多いですね
バランスをとって消化をよくするためです

マクロビオティックを実践して
ステージ4で余命2ヶ月な~んてとこから
健康を取り戻した人が世界中にたくさんいますが

彼らの療養中の献立を見ると
味噌や醤油が病気を治す助けとなっていることがわかります

勿論本物の味噌や醤油ですよ~
スーパーで安く売ってるものの多くは
なんちゃって味噌&醤油なのでご注意を!
体にいいどころか、悪いんじゃないか?

大豆は日本人、いや世界中の人にとって大切な豆です
かしこく摂りさえすれば、毎日の健康を保ってくれるのに多いに役立ちますよ

おしまい

今日はまじめに書いたった~


スポンサーサイト
[ 2014/01/05 16:51 ] マクロビオティック | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。