くまもと発 しろごまちゃんのMacrobiotic

~ げんまいはげんきのもと おやさいはやさしさのもと ~
月別アーカイブ  [ 2014年08月 ] 

モモちゃん事件

昨日は大変な一日でございました

しろごまちゃんは夜に続きで2回のヨガレッスンが入っていて
しろごま母も夕方から24時間テレビのお手伝いに行かなければならなかったため
夕方のお散歩は無理と思い、暑さが厳しくならないうちに連れて行こうと
10時半くらいにモモとお散歩に行くことしました

しろごまちゃんは靴を脱ぐのが面倒だなと思い
しろごま母にお散歩セットを取ってきてもらって
しろごま母がリードを着けてくれました

行ってきま~す、と元気よく出発

家から出てすぐにリードからモモが抜けてしまいました

モモは初めてのリードなしのお外に大喜び!
しろごまちゃんがつかまえるよりも早く、思いっきり走り出しました

しろごま母のつけたリードがカチっとハマっていなかったのです

しろごまちゃんは青くなって、モモ!モモ!と叫びました
モモは追いかけると、喜んで逃げるので
こっち!こっち!ママとよ~いどんだよ!と言って、家に向かって走り出してみせると
モモも家に向かって走り出しました

一旦、家に入ったものの、しろごま母が慌ててモモをつかまえようとしたので
モモは追いかけっこしてると思ったらしく、右、左、右、と飛んでみせます
そしてまた外へ・・・今度は逆方向へ全速力で走り出しました

アーケードを飛び出し、一方通行の道路を走り続けます
こちらに向かって車が次々と来ています、ゴミ収集車が横切るのも見えます

モモははねられそうになりながら、そのまま全速力

このままではモモを見失うと思い、しろごまちゃん、猛ダッシュで走り出しました
自分レベルでマッハ3という感じ

モモはいつもお散歩している土手へ行く道へ向かっています

一度も振り向かず、自分がどれだけ走れるかを確かめている様子です
思いっきり走ると、モモはこんなに速いんだ!すごい!って背中

しろごまちゃん、めちゃくちゃ全速力 自分レベルでマッハ4という感じ

モモはとっても小さいので、想像できないと思いますが
走るのがものすご~く速いです

これまでにフォックステリア、シーズー、イングリッシュコッカーを飼っていましたが
比にならないほどの運動神経で、すこぶる元気もので活動的です

障害物レースに出たら、世界一になれるではと思うほど
ボール投げの時もボールに先回りするくらいなのです
ボールよりも速いモモ選手

モモは土手へと上がる石の階段に行きあたり、右は行き止まり、左は狭い道
しかも左から押し車のおばさんが来ていて、モモは一瞬立ち止まりました

しろごまちゃんはおばさんに「そこにいて下さい!」と大きな声で叫び
やっとモモに追いついたかと思ったら
モモは普段は抱っこで登ってる階段を一気に駆け上がったのです

いつもは右の公園へ続く川沿いの土手へ行くのに
その日はなぜか左に曲がりました

モモにとっては初めての道です

モモの正面から車がどんどん来ていますが
モモは道の真ん中ではなく
端の方を走っていたので、何とかぶつからずに、すり抜けて行きます

このまま行くと車が行きかう橋の交差点

青空の下、モモは気持ちよさそうに精一杯走っています

しろごまちゃんは悲鳴とも呼べる声でモモ!モモ!と呼び続けながら、全速力
自分レベルでマッハ5という感じ

マクロビオティックとヨガのおかげで、こんなにめちゃくちゃ走れたのだと思います
しかもサンダル履きで、生理2日目でした

ヨガを4回続きでやっても平気な持久力と筋肉
マクロビオティックのおかげで疲れ知らずで生理痛とは無縁
自分の体に心から感謝しました

モモは赤信号で橋の上の交差点を突っ走りました
車がじゃんじゃん走っている交差点を

しろごまちゃんはモモがはねられて死ぬのではないかと思い
気が狂いそうな声で叫んだようでした(自分でも記憶なす)

しろごまちゃんが渡ろうとした時にちょうど信号が青に変わり
しろごまちゃんも突っ走って渡ったら、一方通行の狭い道の向こうから、赤い軽自動車が来るのが見えました

モモが正面から走ってくるのを見て止まってくれました
後ろから顔面蒼白で走ってくるしろごまちゃんも見えていたと思います

その車の横にいた自転車のおじさまが事態を察してくれて
自転車で片方の道をせき止めてくれました

その時、モモは一瞬しゃがみこんだのです

しろごまちゃんはモモにかけ寄って、モモを抱きしめました

しろごまちゃん、そのおじさんにも赤いお車の女性にも、ろくにお礼も言えず
モモを抱っこして、わんわん泣き出しちゃって・・・

モモちゃんのことでご迷惑をおかけした皆様、申し訳ございませんでした

そして、そのまま小学生のように泣きながら、モモをぎゅっと抱っこして家に帰りました

しろごまちゃんがモモを抱っこして、ビービー泣きながら歩いてるのを見て
母はモモは死んでしまったのだなと思い
責任を感じて、死んでしまいたい気持ちだったそうです

しろごまちゃんは家についてからも放心状態で
なかなか泣き止みませんでした

夜は何もなかったようにヨガを終え、体を動かしてスッキリしたのですが
母を駅に送り届けるのに早起きしないといけないのに
寝付くことができず・・・
気持ちよさそうにスヤスヤ眠るモモを撫でながら、ほとんど眠れませんでした

犬は人間とお話しできませんが、ずっと一緒にいると心が通いあって
言葉を交わすまでもなく、お互いの気持ちがわかるようになります

しろごまちゃんは生まれた時にすでにフォックステリアがいて
犬だと認識するよりも前から、家族の一員として犬と接し、育ってきました

犬のことはよくわかっているつもりだったのですが
初めて、TVで見たことのある「犬と話せる人」にモモの気持ちを聞いてみたいなと本気で思いました

モモくらいの犬だと、家から全く出さない飼い主さんもおられます

でもモモはとっても遊ぶのが好きで、走るのも、お散歩も大好き
お散歩の前は興奮して、リードがつけられないくらい喜びます

だから、できるだけたくさん一緒に遊んだり、お散歩も毎日しています

モモはもっと外を走りまわりたいのでしょうか

いつものお散歩の時は車が近くを通ったり、大きな音がしただけで
体をすくめて怖がるのに、一人で車が行きかう道路を突っ走ることができるなんて、本当に驚きました

モモがしろごまちゃんからどんどん離れて小さくなっていく姿を
思い出しただけで涙があふれてきます

だって、まるでしろごまちゃんのところに帰りたくないみたいじゃない?
あんなにしろごまちゃんにベッタリなのに・・・

モモは少しでも一人にすると、クンクンないて寂しがります
お留守番は勿論ですが、二階に行ったり、お店に行ったりしてもです
本当にいつもしろごまちゃんと一緒にいたがるのです

チューは一日100回くらいしてるよね
しろごまちゃんもモモちゃんが大好き、モモちゃんもしろごまちゃんが大好き
なのに、ひどいよ、モモちゃん、あんな怖いことするなんてさ

しろごまちゃん、モモちゃんをもう二度と抱っこできないかと思って
本当に悲しかったんだよ、しろごまちゃんの声、聞こえてた?
冒険したかったの?楽しかった?どんな気持ちで走ってたのかな?

しろごまちゃんはこれを書きながらも泣いています
モモは、いつものようにしろごまちゃんの太ももで爆睡中
安心しきって、だら~んとしてます

モモって呼ぶと
  ママ、どうしたの?いつものママと違うね、いつもより可愛くないよ
  そんなことよりさ、モモちゃんと遊ぼうよ!お散歩はまだ?
  今日のご飯はササミも入ってるよね、さっき匂いがしたよ!・・・って顔、のんきなものです

先日のお料理教室も助けて頂きましたが、今回も本当に助けて頂きました

前回 「神様ミラクルよろしくね」 って言ったのを、聞き届けてくださったのでしょうか
また「よろしくね」というと事件が起きそうなので、黙っておきます・・・

とにかくありがとうございました
飼い主の責任として、このようなことが二度とないように気をつけたいと思います

モモと仲良しのお客様がこの話を聞いて
「モモちゃん、きっと長生きするわね」と言ってくださいました

本当にそうなるようにしようね、モモちゃん
モモちゃんがおばあちゃんになるまで、一秒でもたくさんモモちゃんがハッピーでいられるように
しろごまちゃん、モモちゃんを大事にするからね
モモちゃんもしろごまちゃんの近くにいてね、遠くに行っちゃダメだよ
スポンサーサイト
[ 2014/08/31 16:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)