くまもと発 しろごまちゃんのMacrobiotic

~ げんまいはげんきのもと おやさいはやさしさのもと ~
月別アーカイブ  [ 2011年08月 ] 

マックとロビン

今日のお弁当

08301

小豆入り玄米ご飯(わかめふりかけ/甘酢らっきょう/てっか味噌)
オートミールとセイタンのハンバーグ
玉葱と緑レンズ豆の煮もの
厚揚げとごぼうの胡麻酢和え
さつまいもスイートマッシュ
春雨とアラメのピーナッツ和え
もちあわと梨のコンポート

昨日のお弁当

08300

とうもろこし入り玄米ご飯(浜納豆/甘酢らっきょう/わかめふりかけ)
椎茸とベジミートのピーマンカップグリル
豆腐ステーキ にらあんかけ
高野豆腐、玉葱、切干大根の煮物
蓮根とペカンナッツの酢味噌和え
レタスとアラメのサラダ
キャロット寒天 ラぺ添え

今日も暑いですね~ 

ご来店のお客様、お弁当のお客様とほぼ毎日交わす言葉
しろごまちゃんは「そうですね~」と言いますが
実はそんなに暑くないのです

マクロビオティックのおかげで
年々、それぞれの季節を心地よく過ごせるようになってきました

冬はあったか下着とおさらば 夏はエアコン要らず 

この子たち、しろごまちゃんの相棒、マックとロビン   

08302

マックとロビンはフィスラーの圧力鍋
手前が3.5ℓのマック  後ろが6.0ℓのロビン 

木曜日、お弁当の数が少なかったので
小さいマックで玄米を炊くことにしました

圧がかかってピンがあがり、弱火に…
このままキープ、のはずが、どんどんピンが下がってきます

何だ、これは!! このままではお弁当のご飯が炊けない

ぎりぎりの時間まで浸水して、湯炊きしよう
しろごまちゃんはもう一度ロビンで炊くことにしました

すると、ロビンにもマックと同じような現象が
怪奇現象だろうか…
「二人とも、ご機嫌悪いの?」と聞いてみたり…

もう一度炊く時間もないし
玄米ご飯なしのマクロビ弁当なんてあり得ないし

こうなったらこのまま炊くしかないっ

火を強くしてもう一度だけ圧をかけて
あとはピンが下がっても無視して、そのまま炊きました

焦げてる匂いがかすかにしたので、底に張り付いていると思い
わざと天地返しをせずに、上の方からおひつに移して返しました

案の定、鍋底には可愛そうなパリパリ玄米がびっしり

何とかお客様にお渡しできるお弁当が完成しましたが
次の日のお弁当のために、この現象の謎を解かなければ

鍋の掃除&点検をして、もう一度炊いてみました
でも結果は同じ… 途方にくれるしろごまちゃん

マックとロビン、どこも悪いところは見当たりません
フィスラージャパンさまに電話でもしてみようか、でも夜だしね

「マックもロビンもかわいいね~いつも助かってるよ~
なんて言いながら、すりすりしていたその時

あれ
マックの蓋のシールに「6.0ℓ 108kPa」と小さく書いてあります
ロビンの蓋のシールは「3.5ℓ 110kPa」

マックの体に、ロビンの頭  ロビンの体に、マックの頭 

いつの間か入れ替わってるではないですか

でも何の違和感もなく蓋ができるんです
そっくりさんなので、全然気が付きませんでした
シールがとれてしまったら、絶対誰にもわかりません

こんなドジっ子はしろごまちゃんだけだと思いますが
フィスラーを何台かお持ちの方、お気をつけ下さ~い

マックとロビンのおかげで、今日も玄米ご飯がおいしく炊けましたよ

マックとロビンは「マクロビオティック」からネーミング
購入予定の3台目の名前は「オッティ」に決めています

別に名前つけなくても…と思いますよね
でも命名すると心が通じ合ってくるんですよ~、ホントです 
スポンサーサイト
[ 2011/08/30 18:02 ] マクロビオティック | TB(0) | CM(0)